行政書士と社保労務士

会社の経営に関して行政書士と社保労務士は非常に重要な役割を担ってくれます。会社が事業を行う際に必要な行政関係の書類の作成を行ってくれるのが行政書士すし、労働者に対するケアをするための書類を作成するために重要な役割を担ってくれるのが社保労務士だからです。しかしながら、彼らの主たる仕事は会社が登記されて事業をスタートさせた後であることが多いので、会社の登記の代理をお願いすることはもちろんできるのですが、場合によっては多くの時間が必要になってしまうことが考えられます。

行政書士と社保労務士に会社の登記の代行を依頼した場合には、司法書士にそれを間接的に依頼することになりますので、時間がかかってしまうことが多くなります。また、司法書士に直接代行をお願い知る場合に比べて、手数料が多くなってしまうこともあります。また、行政書士と社保労務士は税金に対する知識がそれほど豊富ではないことが多いので、決算や節税の観点から、会社の設立についてのアドバイスをすることが難しいので、会社を作った後にあとから、金銭的な面でのデメリットをこうむる可能性がでてきます。それぞれの専門分野をよく理解したうえで、代行を依頼するのがお勧めです。