司法書士に依頼

司法書士は会社の登記に関しての権限をもっていますので、会社を設立するだけでしたら、司法書士に代行を依頼するのはお勧めです。しかしながら、会社の税制面でのことは、司法書士は対応ができませんので、その場合には税理士に仕事を依頼する必要が出て来ます。また行政書式についての依頼は行政書士に行うことが必要になります。

司法書士に会社の設立の代行を依頼する場合の費用は10万円程度ですので、すでにいくつかの会社を運営していて、新たにもう一つ会社を作ろうというような場合には司法書士に代行を依頼することがお勧めです。

新しい会社の経理や行政的な書類については、これまでの会社でおつき愛のある専門家に依頼をすることがお勧めです。新たに会社を作る場合にはどのような点について留意すべきかは、手続きをスタートする前に司法書士に相談してみるのがお勧めです。自分の会社の状態に合わせて最適な手続き方法を提案してもらえることが期待されます。代行を依頼すれば、司法書士はその手続きになれていますので、短時間でそして間違いなく会社を登記することが出来るようになります。もちろん会社の登記が完了すれば、それに伴って多くのメリットを享受することが可能になります。

Pocket