税理士に依頼

会社設立の代行依頼をする場合に税理士に依頼をするという方法もあります。もちろん税理士は税務のプロですから、会社の登記をすることができませんので、司法書士に最後の部分はお願いする必要がでてきます。しかしながら、司法書士は税務にそれほど詳しい訳ではありませんので、会社の設立のタイミングを税法上有利な時期に合わせることは司法書士単独では難しい部分があります。このような問題点を解決するために、税理士と司法書士が力を合わせて、会社設立の代行を行っていくことはお勧めといえます。

ですから、会社の設立のエキスパートではない税理士にあえて、代行を依頼することも多く行われています。いったん会社が設立されて業務がスタートすれば、いかに経費を節約するかということに経営者は知恵を絞ることになりますので、税理士は強い味方となってくれます。会社設立後に別途税理士を探すのではなくて、初めから税理士のアドバイスをもとに会社をスタートさせれば、大きなトラブルを税金面で抱えることなく経営を行っていけるようになります

会社の経営においては、各種専門家の協力が不可欠ですので、会社の設立の前に多くの専門家の意見を取り入れておくのはお勧めの方法です。

Pocket